くしを使った間違った頭皮ケア

薄毛や抜け毛で悩んでいる方の中には間違った頭皮ケアを行っている方というのもかなり多いですよね。
特に多いのがくしやブラシなんかを使って頭皮をトントンと叩くような頭皮ケアが正しいと思っている方。
いつからこういったイメージが付いてしまったのかと思いますが、典型的な間違った頭皮ケアの方法だと言えるでしょうね。
くしやブラシで頭皮を叩くことで血行がよくなって髪の毛が生えてくるなんていう話ですよね。
しかし、頭皮をそういった方法で刺激したところで髪の毛が生えてくるわけではありません。
確かに血行を良くすることというのは重要なことではあるのですが、叩いても良くなるものではありませんし、
くしのような尖ったもので頭皮を叩くことは頭皮をいたずらに傷付けてしまうだけなので逆効果だと言えるでしょう。
くしというのは頭皮ケアにとって正しく使えば非常に良いアイテムだと言えると思います。
くしで髪をとくのは髪についたゴミを取るのには良いことですし、ツヤのある髪になるというのもプラスの効果でしょう。
しかし頭皮を叩いてマッサージをするのであればこういったアイテムを使うのは間違っており、
もっと優しく柔らかくマッサージをしてあげる必要があります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 原因 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク