頭皮の病気(白癬)の症状と治療法について

頭皮に関する悩みをお持ちの人は多いと思いますが、頭皮の病気の一つで白癬というのをご存知でしょうか?白癬というのは皮膚糸状菌によってできる皮膚感染症の一つで白癬菌という真菌が原因菌となって生じます。頭皮にできる白癬はしらくもとも言います。

白癬菌は湿気の多い場所を好み皮膚に含まれているケラチンを栄養分にして繁殖します。一種のカビと考えられている細菌で、白癬菌によって生じる病気は皮膚の表面に感染します。しらくもは主に男子児童によく流行する病気で、頭皮に十円玉程度の丸くて白いフケが固まったような症状がでます。

毛の根元部分にはこの白い塊が貼り付き毛が非常に抜けやすい状態になります。頭部白癬はかゆみを伴ない毛の根元にできた薄い皮のような層をかきむしるとフケが大量に出ます。掻きすぎると化膿してしまうこともあるので注意してください。

メンソレータム メディクイックH リキッドスプレー14ml【第(2)類医薬品】
メンソレータム メディクイックH リキッドスプレー14ml【第(2)類医薬品】

白癬はそのままの状態で長く放置すると症状が悪化し白癬菌が頭皮の毛穴を通って皮膚内部まで入り込んでしまいます。頭皮の内部まで感染してしまうと「ケルズス禿瘡」と呼ばれる広範囲の脱毛を引き起こしてしまうこともあります。

軽い症状の場合は塗り薬で治療が可能ですが症状が悪化した場合は内服薬を併用することもあります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 病気・症状 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク